独学高卒でも地方上級公務員に合格

ハンデを乗り越えて都庁含む都道府県庁、国税専門官に合格しました。ブログでは公務員試験情報のほか、実用書レビューや、現在勉強中の日商簿記1級、TOEIC、プログラミングについても語ります。

【12/9本番!】TOEICテスト受けたら、己を試されるシーンに出くわした

おはようございます。

Takatoraです。

 

昨日、12月9日(日)にTOEICテストを受けてきました!

 

f:id:Takatora:20181209184127j:plain

 

けっこう、、、いや、この記事の中で順序立てて書きますね。

 

〜テスト前

 

f:id:Takatora:20181010143522j:plain

 

朝起きたら、かなり熱っぽい。。。

 

そうです。

 

昨日から体調が思わしくなかったのです。

 

それはもうすごく。

 

昨日なんか全く勉強できませんでした。

 

こんな状態でカフェに行ったら全員に風邪を移すことになります。

 

ということで、当日の朝も勉強出来ず心の中では「ヤバイヤバイヤバイ×100」といった感じでした。

 

ギリギリまで布団で体力を温存してました。

 

そして、そろそろ行かなきゃ間に合わないと思い、11時40分ごろ家を出ることに。

 

「外寒い。。。」

 

今日って今シーズン一番の寒さだったらしくブルブル震えながら、向かいます。

 

、、、では、言い訳はこのくらいにしときます。

 

私の家からTOEIC試験会場まではドアtoドアで30分足らず。

 

電車も二駅とかなり恵まれた場所に住んでいます。

 

これは本当に助かります。

 

最寄駅に着くと、同じTOEIC受験生らしき人達がめちゃくちゃいました。

 

「そして、みんな同じ方角へ」

 

私あんまり群衆と同じ方向へ向かうのが好きじゃないんですよね。

 

けっこう偏屈なのは自覚してます。

 

蟻の行列と化した行軍は試験会場へ。だいたい歩いて10分くらいでしょうか。

 

着きました!

 

「っしゃ頑張るぞ!」体に力がみなぎってきました。

 

会場に着くと力が入るタイプです。

 

行くまでは、廃人だったのに。

 

いざ着くと受験番号別会場案内があったので確認します。

 

「3階か、、」

 

2階でもかなり沢山の番号の人が指定されていたので

 

「帰り混雑して降りるのに時間がかかりそうだなー。」

 

なんて思いながら自分の受験部屋へ向かいます。

 

f:id:Takatora:20181209190714j:plain

 

受付は40代後半くらいの男性の受付の方でした。

 

かなり丁寧な対応。

 

TOEICでこんな丁寧な対応は初めてでした。

 

「これで気持ちよく受験できるぞ!」

 

なんて思いながら部屋に入りました。

 

そう、ここまでは順調。(体調以外は)

 

私の受験部屋は500人弱は収容できるであろう大部屋でした。

 

「こりゃ周りの音とか気になるぞ」

 

そう思いました。

 

席へ着いて、回答用紙の裏側に必要な事項を記入します。

 

TOEIC自体は何回か受けているので、だいたいの作業は分かっていました。

 

記入が終わったら、すぐにリスニングの確認をします。

 

スマホにTOEIC公式問題集のパート3を聞きました。

 

公式問題集だと、本番と同じ方がスピーキングしてくれるから、本番さながらの練習ができていいですよね。

 

今さら練習しても、リーディングは伸びないと思ったので、ひたすらリスニングの練習を繰り返しました。

 

さあ、本番!!

 

テスト中

 

f:id:Takatora:20181209184427j:plain

 

 <パート1>

グラフィックから、スピーキングされる適切な選択肢を選ぶ問題。

 

「、、これは、全問正解じゃねえか」

 

かなり幸先のいいスタートでした。

 

<パート2>

スピーキングされる問いから、適切な返答を選ぶ問題。

 

What'sとかHowとか文頭を聞き取るのがかなり大事。

 

これ、苦手なんですよね。

 

つい集中力を切らせてしまって聞き取れなかったり、文頭ばかり気になって全体として何を聞いているのか分からなかったり。

 

だいたい6割くらいは得点できた感覚でした。

 

<パート3>

2.3人の話し手が会話をした後、各設問ごとに会話内容を問う問題。

 

もう、聞き取れた単語を頼りに「これかな?」という感じで解きました。

 

毎日スクリーンプレイで耳の訓練をしていたせいか、以前のTOEICテストよりも聞き取りやすく自分でもビックリ!

 

(繰り返しますが、私はスクリーンプレイの回し者ではありません)

 

でも、正解率的には、、うーん5割くらいかな?

 

<パート4>

パート3にほとんど似ていますが、話し手は1人の問題。

 

これも、5割くらいの出来でした。

 

<パート5>

短文穴埋め問題です。

 

TOEICや英語初心者はこのパートを得点源にしたいところです。

 

出来は7割強!時間は15分かかりましたが、今まででのTOEICテストの中では優秀な方です。

 

<パート6>

長文穴埋め問題です。

 

ここでペースが落ちてしまいました。

 

出来は6割くらいです。パート7の時間があと45分くらいでした。

 

間に合わない!

 

だいたい出来は6割弱。

 

時間かけた割に低い泣

 

<パート7>

長文読解問題です。

 

やってきました!難所!

 

序盤は結構、「解けるぞ!」と思っていたのですが、だんだんと迫る終了時間。

 

「ヤバイヤバイ、全然解けてない!あー!」

 

、、、結局20問も残しました。

 

この20問は適当に塗り絵をしました。。。出来は4割、、

 

テスト後〜

 

f:id:Takatora:20181209184604j:plain

「とりあえず終わった、カバンの中へ筆記用具を、、ん?」

 

なんと後ろの席の人が、私のコートやカバンに靴裏を付けていたのでした。

 

「これ、わざとだろ、、、」

 

ちょっとだけ後ろに目をやると、20代前半の女性でした。

 

そして私の動作に目をやると、すぐに足を引っ込めました。

 

まさに確信犯。

 

なんか、怒りというよりは残念な気持ちになりました。

 

めちゃくちゃに罵倒することもできましたが、それじゃあ同類になってしまうので、解散になったら後ろを振り向かずサッと部屋を出ました。

 

こういう人ってどこでもいますよね。

 

まあ、それにいちいちイライラしてたら不快な気分になるし、いい事がないので気にしないようにしました。

 

まさに、己を試される場面。

 

ここで怒っては今日一日が残念な日になってしまう!

 

私は、コートを後ろの女性が付けた靴跡を消すためにバタバタさせながら帰途に着くのでした。

 

ふー、とりあえず終わりました。

 

スコアは600はかなり厳しいと思います。

 

もしかしたら、500もいかないかも。。。

 

今後どうするか

 

f:id:Takatora:20181209184750j:plain

 

どうしましょう。

 

今考えているのは、今月はプログラミングの勉強をしてみようということです。

 

今の時代、英語とプログラミングは必須スキルです。

 

理想は英語でプログラミングができるようになる事ですが、これは将来の話。

 

(でも、絶対にやってやる!)

 

そして、1月からは、6月試験の日商簿記1級のために勉強をしようと思っています。

 

ただ、せっかく英語の勉強をしてきたのだから、英語の耳でずっといるよう、英語の勉強はしていきます。

 

以上、TOEICテスト現場からの報告でした!

 

英語勉強開始した当時の記事↓

 

www.dokugaku-komuin.com

 

英単語帳50周終えてPDCAを回した記事↓

 

www.dokugaku-komuin.com

 

TOEICテスト直前の状況を書いた記事↓

www.dokugaku-komuin.com