独学高卒でも地方上級公務員に合格

ハンデを乗り越えて都庁含む都道府県庁、国税専門官に合格しました。ブログでは公務員試験情報のほか、実用書レビューや、現在勉強中の日商簿記1級、TOEIC、プログラミングについても語ります。

古民家付きの土地を買いました。

こんにちはTakatoraです

皆さん公務員試験は進んでいますか?

私も今日も営業活動頑張っております

 

でも今日は、仕事を少しサボって現在リフォーム中の我が家を見に行きました。

私実は、今年約660平方メートルの古民家付き土地を買いました。

↓こちら

f:id:Takatora:20221030011002j:image

古民家の築年数は不明です。

 

今月から古民家の内装の壊しを始めました。

この家はもともとかやぶき屋根で、囲炉裏のあ古い建物です。

 

丸太の針が何本も天井にかけられていて、それが囲炉裏の煙によって燻されていて、とても趣があります。

 

公務員試験とは、少々ジャンルが異なりますが、こちらも貴重な記録として保存するためにブログに残しておきます。

 

そもそも古民家を買いたいと言ったのは、私の妻でした。

昨年結婚し、そろそろお家も考えないとなぁと思っていました。

元々は土地を探して、新築を建てるつもりでしたが、土地の値段が高いのとウッドショックの影響で家の値段が高くなっているので、

どうしようかと悩んでいました。

 

そんな時、嫁はネットで古民家付きの土地を見つけ、勝手にポチっと内覧の申込みをしていました。

 

自分で内覧をするかと思いきや、私に行ってきてと。。。何という人でしょう笑。

 

後日、古民家専門の不動産屋さんの方と一緒に内覧をしました。

初めて見たときは、まるで明治時代にタイムスリップしたかのような古い建物があり家の周りの草木は生い茂っており。。。

 

これをきれいにしたら面白いだろうな!!!と直感で感じました。

 

私は、困ったらドキドキする方を選ぶと言う性格です。

初めは古民家?と思いましたが、

古民家をリフォームしたいと言う妻の意見を考えたときに、これは面白い!と感じたので、買おうと乗り気になりました。

 

嫁曰く、前々から私に古民家を買うのを賛成してくれるよう、古民家の雑誌を買ったりして色々と洗脳していたようです。

よく分かりませんが。

 

ただ、古民家を買うのに一番手こずるのは住宅ローンです。

古民家の素晴らしさは言うまでもないですが、客観的な事実として古民家の経済的価値はありません。

 

住宅ローンが支払えなくなったとき、担保物件としての価値が建物に関しては0なので、なかなか取り扱いのある金融機関が無いと、不動産屋の方もお手上げといった感じでした。

 

私達が買いたいと思っても、自己資金や住宅ローンの審査が通っていなければ購入することができません。

 

以前にも申し込みを入れた方がいらっしゃったようですが、住宅ローンが見つけられずに諦めたケースがいくつもあったようです。

 

さらに、売主である保育園を経営している社会福祉法人の代表の方は、古民家を壊さずにきれいにして使っていただける人を条件として売っていたようなので、契約まで至らないケースが多かったようです。

 

という、難題が立ち塞がっていたわけですが実は私、その辺りはプロとして現在仕事をしていますので、人脈を駆使して古民家リフォームの住宅ローンを取り扱っているところはないか、たくさん調べました。

 

そうしましたら、2件ほど35年の変動金利で住宅ローンを取り扱っている金融機関があり進めることができそうとのこと!

 

今の仕事に就いてなければ、この古民家付きの土地を購入することができなかったと思います。

 

知識を持っているって可能性を広げることなんだなと思いました。


もし、私と同じように古民家付きの土地を購入+リフォームを検討している方で、住宅ローンを考えている方がいらっしゃいましたら、私まで!

 

まあそんな事があり、なんやかんやで今年6月、無事に古民家付き土地の売買契約を結びました。

今後、古民家関連のこともブログで書いていきます。