独学高卒でも地方上級公務員に合格

ハンデを乗り越えて都庁含む都道府県庁、国税専門官に合格しました。ブログでは公務員試験情報のほか、実用書レビューや、現在勉強中の日商簿記1級、TOEIC、プログラミングについても語ります。

これがあれば合格できます

お久しぶりです。

Takatoraです。

 

またまた更新が滞ってしまいました。。。

お金を貰ってブログを書いているわけではないし、

ブログに支配された生活も窮屈だなー、、

と思うので、

今後は不定期ですが楽しくブログが出来ればいいかなーと思ってます。

 

気楽にやります。

 

ただ、このブログで書いた

高卒でも地方上級公務員試験に受かるブログは

ノンフィクションですし、

ブログすら定期的に更新できない僕でも

合格、内定、入庁出来たので

本気で公務員へ転職したい方は

頑張ってほしいです。

 

高卒が地方上級公務員になるのは、

とても大変ですし、

勉強を投げ出したくなる時もありますし、

もし受からなかったら、、という恐怖も付きまといます。

 

私も、漏れなく全て経験してます。

気持ちはとても分かります。

 

だけど、あの受かった瞬間、

内定を貰った時、

入庁式、

これは一生忘れない思い出であり

経験です。

 

ぜひ目指す方には、

この経験をしていただきたいです。

あんなに感動した経験は中々無いです。

 

先日、公務員試験を応援してくれた

友人と話していて気付かされた事が

あります。

それは、友人曰く

「あの時のお前は覚悟が感じられた」

そうです。

 

そう、覚悟があれば公務員試験は合格できます。

公務員試験で大事ものはそれだけです。

自分では全く意識してませんでしたが、

今になって振り返れば

確かに落ちた時のことはほとんど考えていなかったです。

 

ただガムシャラに勉強勉強、、仕事の合間も仕事の前も後も休みの日も勉強勉強、、

何かに取り憑かれたかのように勉強していました。

 

人生で一番勉強したと思います。

なので今なんかも、仕事が辛くて今やってる勉強がなかなか上手くいってないので、

よく、あの時必死に勉強した自分と比較して

「まだやれる。あの頃の自分に勝つ」

と自分を奮い立たせて勉強してます。

 

自分のライバルは自分!

他人と比較なんてナンセンスです。他人と比べるから不幸になったり、嫉妬が生まれたりしてしまうのです。

自分と比べれば、それは過去に出来てた事なので不可能なことでは無いし、過去に打ち勝てば

それは成長したといえるのです。

 

今、僕はまた新しい勉強を始めています。

公務員試験に受かってからも、そこそこ挫折を味わっていまして、、、

現状を打破するため、しばらく勉強尽くしの毎日になりそうです。

 

今やってる勉強は、公務員試験とはまた違う種類の勉強なのですが、

それはまた次書きたいと思います。

 

久しぶりの投稿なので、ダラダラと書いてしまったかな!?!?

それでは!

 

(^。^)